DM発送の情報が満載

このサイトでは、DM発送を安いコストで抑えるにはどうしたら良いかに関する情報をご紹介しています。
そもそもダイレクトメールとは何か、今どき効果はあるのかという基本から扱っています。
加えて作成を効率的にするテンプレートの利用やデザインを外注するのに掛る料金、ダイレクトメール製作に使える季節ごとの挨拶文に関しても紹介しているサイトです。
これからダイレクトメールの送付をするなら、ぜひ参考にしてみてください。

DM発送を安いコストで抑えるには?

DM発送を安いコストで抑えるには? DMの発送をする際には、できるだけ安い費用で済ませてコストを抑えたいと考えても当然です。その場合にまず大切になるのは、効果的なダイレクトメールを送るということでしょう。というのもターゲットに合っていなければ開封されることがなく、効果が薄い結果になってしまうことが考えられるからです。しかしそれ以外にもコストを抑える方法はあり、その1つは2千通以上の送付をする場合に、広告郵便物の申請をするということも挙げられます。さらに重さやサイズの違いで料金がオーバーしてしまわないよう、良くチェックする事が大切です。また引越した場合をはじめとした、必要のない人にまでDMを送って無駄にしないようにすることでもコストを抑えることが可能です。

DMをそれぞれの送付先に発送する方法について

DMをそれぞれの送付先に発送する方法について DMを発送する方法として、もちろん自分自身で行うやり方があります。送付先のリストを用意しておけば、それを印刷し、封筒に貼り付けて郵送できるわけです。送付先のリストが用意できていないという場合はこのやり方は使えませんが、DMをマーケティングに活用したいのであればこのようなことでは困ります。ばらばらに、個々のデータの形で送付先を管理しているというは問題で、全体を一律にリスト化し、使いたいときにすぐ活用できるようにしておく必要があるわけです。氏名、年齢、性別、郵便番号、住所、電話番号といった情報をリスト化して管理するのは基本であり、その他にも購入履歴などを併せてデータとして持っておけば、活用の幅は非常に広がることになります。 なお、このようなリストがあれば、必ずしも発送を自分自身で行うことは必須ではありません。送付物と送付先リストがあれば、全てを代行してくれる会社はいくらでもあるからです。もちろんある程度の費用と時間はかかりますが、その分だけ自分は本来行うべき仕事に集中することができ、その分だけ効率がアップすることも十分にあるでしょう。専門家に任せたほうがうまく行く物事もあるということになります。

もっとDM発送について知りたい

DM発送

新着情報

◎2021/2/14

デザインの外注にかかる料金
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました

「DM 発送」
に関連するツイート
Twitter

こちらから募集したお取引なのに、何故か相手主体で話が進み、梱包も何故か相手が指定し、こちらのリプやDMの内容を読んでいないのか発送日や発送方法の質問を繰り返すという…… それならこっちのツイフィ必要なくないですか?

取引の方と4月7日から連絡全く取れないんだけど返事催促のDM送っていいかな😅 10日同時発送だったんだけど私間違えて11日に投函しちゃって多分もう向こうには届いてるはずなんだけど全然浮上してないっぽくて😅 お仕事忙しいんだなって思ってる😅😅

ロンT着回し8日間❣️ 使える1枚。ラス1のサイズも結構あるので気になる方はブラックマーケットへ✨ 発送も出来ます。私にDMかこちらのアドレスにメールを。 black-market@kurodayokuro.com

返信先:お世話になります。 DM送っていますが確認頂けてないのでしょうか? 月曜日に発送とお伝え頂きましたが発送はして頂けましたか?こちらは土曜日に発送していますが受け取り連絡もありません。 催促連絡もしていますがお返事頂けていません。ご確認お願いします。

返信先:初めましてこんにちは😊お声かけ頂きましてありがとうございます。 固ツイも読んで頂きましてありがとうごさいます。こちら是非交換をお願いしたいです。同日希望は無しで当方の発送が水曜日となります。DM送らせて頂きたいのでフォローお先に失礼致します。